【1分で読める】カシミヤとカシミアってどっちが正しい?簡単に解説します

「カシミヤとカシミアってよく聞くけどどっちが正しいのだろう?カシミヤとカシミアって意味が違うの?」

こんな疑問に答えます。

結論を紹介するとカシミヤとカシミアどちらも正しいです。

カシミヤとカシミア違い

カシミヤとカシミアは、どちらも正しいです。

消費者庁の素材表記は、「カシミヤ」と表記するようです。

商品名は、お店によってまちまちで「カシミヤ」と書いていたり、「カシミア」と書いていたりします。

なので実際にどちらを使用しても問題ないと思います。

発音による違い

カシミアは、英語を発祥とする言葉で「cashmere」と書きます。

「cashmere」の発音を聞いてみると「カシミヤ」と言っているので「カシミア」とも聞こえなくもない発音です。

なので日本では、どちらも使われるようになったのでは、ないかと考えられます。

こちらで発音を聞けます。Cashmereの意味 – goo辞書 英和和英

まとめ

日本での正しい素材表記は、「カシミヤ」

しかし、実際に実生活の中では、「カシミヤ」といっても「カシミア」どちらでも大丈夫。

最後までお読みいただきありがとうございました。

その他ファッション用語の解説はこちら

関連記事

Tシャツやタンクトップでよく聞く天竺編みやワッフル生地、意外とどんなものか分からない方が多いのではないでしょうか。 今回はそんな疑問を解決できるよう、Tシャツやタンクトップでよく使われる編み方をまとめてみました。 天竺編みとは &[…]

関連記事

 服屋に着た少年「ボーダーとストライプの違いって何?横縞模様なのにストライプなの?」といった疑問に答えます。     結論ボーダーとは、横縞を指すのでは、なく袖口などに施された模様を指す言葉で、ストライプとは、[…]