服を高く売って新しい服を買おうおすすめ古着買取サイトランキングはこちら

ボーダーとストライプの違いは?

ボーダーとストライプの違いは?
 


 服屋に着た少年「ボーダーとストライプの違いって何?横縞模様なのにストライプなの?」といった疑問に答えます。

 

 

結論ボーダーとは、横縞を指すのでは、なく袖口などに施された模様を指す言葉で、ストライプとは、縦、横、斜め関係なく様々な縞模様を指します。

ボーダーだと思っていた横縞も実は、ストライプだったということですね。

しかし、現在ボーダーは、横縞の意味で使われることが多いので、ボーダーは、横縞ストライプは、縦縞と理解してしまって大丈夫でしょう。

では、詳しくみていきましょう。

ボーダーとは

ボーダーとは英語で「境界線」や「境界」と言った意味です。

ボーダーは、袖口や襟に施された柄のことを指します。

このような感じに袖口付近(赤い部分)に施された編み込みなどの模様がボーダーです。

しかし最近では、横縞の模様を指す言葉として使われる事が多くボーダー=横縞模様で理解してしまっても問題ないと思います。いつからボーダーが横縞の意味で使われるか調べてみましたがよくわかりませんでしたすいません

ストライプとは?

 

ストライプとは、縞模様のことを指します。

正確には、隣り合った部分と色が違う細い線のことを指しすので、横縞も縦縞も斜めも全てストライプということになります。

この日本でボーダーと呼ばれている横縞模様も正しくは、ストライプだったんですね。

この斜め模様も、勿論ストライプです。

英語では、横縞や縦縞を区別する時は、horizontal stripes(横縞)、vertical stripes(縦縞)と言ったりもします。

 

ボーダーとストライプの違い

ボーダーは、襟や袖口など決められた位置で使われる模様を指すのに対して、ストライプは、縞模様全体を指す言葉で大きな違いがあることが分かっていただけると思います。

しかし、最近では、ボーダーを「横縞模様を指す言葉」として使われるようになったため、ストライプとボーダーで分かりにくくなっていたのですね。

結論現在は、ボーダーを横縞、ストライプを立て縞と覚えておけば間違いないと思います。

 

以上になります最後までご覧いただきありがとうございました。

ストライプとヒッコリー柄の違いについては、こちら

ファッション用語カテゴリの最新記事