服を高く売って新しい服を買おうおすすめ古着買取サイトランキングはこちら

アウターとトップスの違いは?インナーやパンツなど、それぞれの意味を解説します!

アウターとトップスの違いは?インナーやパンツなど、それぞれの意味を解説します!
 

セレクトショップで聞いたり、通販の商品ページやファション雑誌によく書いてある、アウターやトップス、インナー、パンツといった言葉の意味分かりますか?

今回は知ってそうで詳しく知らないこの言葉達を詳しく解説していきたいと思います。

Advertisement

アウターとは?

アウターは、外に着る服のことを言います。つまり日本語で言う上着のことだと思ってもらえばいいと思います。

例を挙げると、コートやダウンといった物になります。

先ほど挙げた、コートやダウンなど冬やとても寒い時に着る物は、ヘビーアウターといったりします。また、春や秋といった時に着るものは、ライトアウターと呼ばれていたりします。

ジャケットやデニムジャケット、コーチジャケットなどがライトアウターに当たります。

コートでも、ウールの暖かいものは、ヘビーアウターですが、コットンでできたコートはライトアウターと呼ばれたり少しややこしいです。

トップスとは?

上半身に着る服の総称です。
あれ?それってアウターと同じ意味じゃない?って思った方も多いと思います。

アウターとの違いは何?といわれると、トップスはこれから紹介する、インナーそして、アウターどちらも含む上半身に着る服のことです。なので、コートやジャケット、Tシャツといった物を指します。

まとめるとトップスという大きなカテゴリの中に小さなカテゴリとしてインナーとアウターがあると言うことです。

とりあえず上半身に着る物はトップスなのです(笑)

インナーとは?

衣類の内側に着る下着のことを指します。しかし、下着といってもファション業界で使われる意味は、肌着のことを言うのではなく、Tシャツや、パーカーといったアウターの下に着る物を指すことが多いです。

例えば「このピンクのTシャツ、ジャケットのインナーに外しとして使えそうだよね~」といったりします。

しかし、インナーの理解のしかたは、人それぞれなので、その場や話の流れ、その人の反応で臨機応変に意味を汲み取って使うことが大切になると思います。

パンツとは?

パンツは2つの意味を持っています。1つは、ズボンの意味のパンツです。例えば、スラックスやデニムパンツのことです。

もう1つの意味は、下着、肌着の意味のパンツです。例えば、トランクス、ブリーフなどのことです。

これまた、ややこしい単語だと思います。こちらも、話の流れを読んで意味を汲み取って使うしかなさそうですね。

セレクトショップなどでパンツと言われたら、大抵がズボンの意味だと思っていれば大丈夫だと思います。

ボトムスとは?

下半身に着る服の総称です。

トップスの下半身バージョンだと思ってもらえればいいと思います。

パンツのように下着の意味は、ないのでパンツという意味で使うならこちらの方が混乱がなく、わかりやすくていいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか、意外と曖昧な表現の物が多いですよね。特に、インナーやパンツは話の食い違いを起こすので、注意が必要ですね。

ファション用語って結構曖昧な所が多いですよね(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

知ってそうで知らない服地の話→知っているようで知らないTシャツやタンクトップでよく聞く天竺編みやワッフル生地とは?     

カットソーとTシャツの違いは、こちらをチェック→カットソーとは?Tシャツとカットソーとの違いを徹底解説します!

ファッション用語カテゴリの最新記事