おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

カットソーとは?Tシャツとカットソーの違いを徹底解説します!

カットソーとは?Tシャツとカットソーの違いを徹底解説します!

カットソーってよく聞きますよねでも、Tシャツとの違いって何だろう?そもそもカットソーって?
今回は、そんなカットソーについてTシャツとの違いを踏まえ徹底解説します。

Advertisement

まずカットソーの定義とは

カットソーcut and sewn)は、ニット素材(編物)の生地を裁断(cut)・縫製(sew)して作られる衣服の総称。

出典:wikipedia

ウィキペディアでは以上のように定義されています。Tシャツはカットソーなのでしょうか?これをみただけでは、まだわかりません。

そこでカットソーは、ニット素材(編物)の生地を裁断、縫製して作られるというところに注目してみます。まず、最初に出てくるニット素材についてみていきましょう。

ニット素材って?

ニット素材とは一本の毛糸や綿糸を編んで作った布や衣類です。

つまりセーターやニットです。

織物って?

織物は、糸を縦、横に合わせて作った布地です。

ニット素材と織物は何が違うの?

大きな違いは、編むか、布状に織ったあと裁断して縫製するかの違いです。

編み物は一本の糸から編んで形を作っていきます。おばちゃんがマフラーを編んでいるのを想像してもらえれば分かりやすいと思います。対して織物は、

織機を用いて作られたある幅と長さをもつ平面の総称。

出典:コトバンク

この記述から分かるように、織物からできた服というのは、平面からデザインを考え布を裁断して、縫製することで服を作っていきます。

Tシャツはどっちで出来てるの?

Tシャツは糸を編みたてた生地から作っているので、ニット素材からできています。

結局Tシャツとカットソーの違いは?

Tシャツの定義を見てましょう

Tシャツ(ティーシャツ、英: T-shirt または tee-shirt、英語発音: [ˈtiːˌʃəːrt] ティーシャートゥ)は、襟の付いていないシャツのこと。

出典:wikipedia

これを見ただけでは、Tシャツがカットソーなのかは、分からないと思います。そこで、Tシャツの製造過程を見ていきましょう。

Tシャツの製造過程

Tシャツは、糸から生地を編んでいきます。ここでカットソーの一つの条件ニット素材をクリアしています。次は、この生地を裁断して、縫い合わせる縫製という過程が入り、Tシャツになっていきます。ここでもカットソーの条件の生地を裁断、縫製の過程が入っているので、全ての条件をクリアしています。このことからTシャツは、カットソーと言えます

まとめ

カットソーとは、総称なので、カテゴリと考えると分かりやすいと思いますカットソーを親カテゴリと考えれば、Tシャツはカットソーという親カテゴリの中の子カテゴリということになります。またタンクトップもカットソーの子カテゴリのひとついうことになります。

なので、カットソーとTシャツの違いは、とても難しく、基本的にカットソーとは総称なので、Tシャツのことを指したり、タンクトップを指したりするので、Tシャツ=カットソーと一概には、言い切れません。

Tシャツはカットソーだよねと言われれば正解です、しかしカットソーはTシャツだよねと言われれば正解ともいえるし間違いともいえます。

これは、とても難しい問題でその時と場合次第でしょう

基本的には、Tシャツとカットソーは同じと考えていただいて大丈夫だと思います。しかし、カットソーはTシャツ以外の事も指すということは、覚えておいてください。

いかがだったでしょうか、カットソーとTシャツの違いがなんとなくわかっていただけたと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

分かりにくいファション用語については、こちらもチェックしてみてください。→知らないと恥ずかしい?ファションでよく聞くアウターやトップス、インナー、パンツとは?意味を解説します。

ファッション用語カテゴリの最新記事