おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

今話題沸騰のVISIONSTREETWEARってどんなブランド?ダサいの?

今話題沸騰のVISIONSTREETWEARってどんなブランド?ダサいの?
 

ストリート好きの少年「今人気が出てきているストリートブランドVISION STREET WEARとは、どんなブランド?VISION STREET WEARは、ダサい?」

そんな疑問に答えていきます。

VISION STREET WEARは、1976年にスタートしたスケーターブランドです。

また音楽とスケート・カルチャーの自然な結びつきを理解した最初のブランドでもあり歴史があるブランドです。

デザインとして80~90年代をイメージしたストリートアイテムが多く展開されており価格がリーズナブルなのが特徴。

では、詳しく見ていきましょう。

VISION STREET WEARとは?【カリフォルニアで1986年から始まったスケーターブランド】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

VISION STREET WEAR JP Kicksさん(@visionkicks_official)がシェアした投稿

VISION STREET WEARは、1976年にカリフォルニアで始まったスケートボードブランドです。

1976年は、スケートボードがスポーツとして認知され始めた年でした。

VISION STREET WEARは、公式サイトでも紹介されていますが音楽とスケートカルチャーを結びつきを理解して広めたパイオニア的存在の歴史あるブランドです。

音楽とスケート・カルチャーの自然な結びつきを理解した最初のブランド

出典:HISTORY | VISION STREET WEAR JAPAN OFFICIAL SITE

またグラフィックを使ってストリートスタイルを再定義したブランドでもあるようで、まさに今のストリートスタイルを作っていったそんなブランドであると考えてもおかしくないでしょう。

公式サイトにもグラフィックを使ったTシャツに対して次のようなことが書いてあることからもわかります。

VISIONがデッキ、シューズ、Tシャツに大胆なデザインやグラフィックを使うことでストリート・スタイルを再定義したことである。

出典:HISTORY | VISION STREET WEAR JAPAN OFFICIAL SITE

またフットウェアにおいても再定義したことで有名で2枚タンが強烈なインパクトを与えたとして一大ムーブメントを起こしました。

不朽の名作と呼ばれている「MS14000」の写真

出典:HISTORY | VISION STREET WEAR JAPAN OFFICIAL SITE

このように今あるストリートスタイルの歴史と伴に歩んできた歴史あるブランドです。

購入は、以下の通販サイトがおすすめです。

歴史あるストリートブランドVISION STREET WEARが再注目されるわけ

 

スケートボードをする人達の画像

そんな歴史あるブランドであるVISION STREET WEARは、今長い時を経て若い人を中心の再注目され人気が出ています。

それは、なぜか?

大きく分けて2つの理由があると思います。

  • ストリートブームの再熱
  • 価格がリーズナブルなため買いやすい

今ストリートファションがトレンドになっていますが、それに加えて80~90年代のストリートファションがリバイバルしています。

まさに80~90年代の雰囲気とストリートスタイルを合わせ持つVISION STREET WEARが再熱しているということです。

また価格帯が非常に低く高い服は、買えないけどトレンドを抑えたかっこいいブランドが欲しいそんな要望に応えているのがこのブランドなのです。

現在は、しまむらやZOZOTOWで売っているので若者の人気をさらに後押ししたと考えられます。

VISION STREET WEARは、ダサいのか?

VISION STREET WEARダサいか悩む女性

VISION STREET WEARを着てみたいけど他人からダサいと見られないか心配といった方向けに私なりの意見を紹介していきます。

結論から紹介すると「ダサくは、ないと思います」また服という物は、自分がかっこいいと思っていればそれでいいのです。

 

理由を紹介していきます。

知恵袋などでは、少しダサいといった意見も見受けられますがそんなことは、ないと思います。

なぜダサくないといえるのか理由は、2つです。

  • 歴史があるブランドである
  • 単純にデザインがかっこいい

歴史あるブランドである

VISION STREET WEARは、先ほども紹介した通り1976年からあるブランドであり歴史があるブランドです。

歴史があるからダサくないという訳では、なくVISION STREET WEARが成長してきた経緯がとてもかっこいいということです。

VISION STREET WEARは、ストリートスタイルとともに成長していき「Tシャツに大胆なデザインやグラフィックを使うことでストリート・スタイルを再定義したブランド」ということを考えるとワクワクしてきませんか?

この服は、1976年スケートがスポーツとして流行り始めた時に「Tシャツに大胆なデザインやグラフィックを使うことでストリート・スタイルを再定義したブランド」の服なんだぜと説明してあげればかっこいいと思って貰えることでしょう。また自分が少しダサいのでは、と感じてもこのことを考えれば自分を納得させることができるでしょう。

単純にデザインがかっこいい

80~90年代風のデザインがとてもかっこいです。

賛否両論あるデザインであるためダサいと感じる方も出てきますが、トレンドを考えるとかっこいいといえるでしょう。まさに「ダサかっこいい」です。

トレンドとして80~90年代のデザインブームが来ており、VISION STREET WEARだけでなく他のブランドも人気が再沸騰しているブランドが数多く存在しています。

似たようなブランドを上げると「FILA、KANGOL」などがあります。特にFILAは、デザイナーズブランドであるゴーシャラブチンスキーとコラボしたことで話題になりました。

現在のトレンドを抑えたブランドであるためトレンドという観点で見ると、とてもかっこいいといえるでしょう。

 

しかし、デザインという物は、人の好みが強いと思うので一定数ダサいと考える人は、出てくるので気にしないようにしましょう。

 

VISION STREET WEARは特にダサくないというのが結論です。しかしリーズブルな価格で中高生を中心に広まっていったので大学生や20代後半の人がこのブランドを着る際は、他人からダサいと言われてしまうことがあるかも知れないので少し注意が必要です。

大学生や20代後半の方が着用する場合は、ブランドの歴史を理解して着ているということを伝えるとダサいと言われることを回避できると思います。

VISION STREET WEARのおすすめアイテムを紹介

最後にVISION STREET WEARのおすすめアイテムを紹介していこうと思います。

最もおすすめなアイテムは、切り替えしデザインのジャケットです。

切り替えしトラックジャケット

画像クリックで商品ページに行けます

切り替えしデザインがレトロな雰囲気を醸しだしていてかっこいいアイテムです。

特にエメラルドグリーンやトリコロールの色は、古着好きの方にもおすすめできる配色です。

ビックサイズに着ると今風に着ることができていいでしょう。

 

ロゴコーチジャケット

画像クリックで商品ページに行けます

こちらは、袖そしてバックに大きなロゴが入ったコーチジャケットです。

VISION STREET WEARの中では、シンプルなデザインなので派手なデザインは、苦手だけどVISION STREET WEARを着てみたいといった方に大変おすすめ。

コーチジャケットは、さらっと着ることができストリートスタイルを簡単に作ることができるアイテムなのでまだ持ってないという方は、1着買ってみることをおすすめします。

パーカーは、シンプルでかっこいい上に価格が安く大変おすすめです

画像クリックで商品ページに行けます

パーカーは、価格が大変安くおすすめです。

シンプルにロゴが刺繡されたパーカーは、今流行りのボックスロゴを彷彿とさせシンプルながらもおしゃれな雰囲気です。

価格も3000円程度で購入できたりと安いのでVISION STREET WEARの服を取り敢えず買ってみたいといった方に大変おすすめな1着。

購入は、以下の通販サイトがおすすめです。

まとめ

VISION STREET WEARは、1971年から続く歴史あるストリートブランド。

VISION STREET WEARは、レトロなデザインでトレンドを捉えているのでダサくないが好き嫌いが別れるデザインなので人によっては、ダサく感じる。

リーズナブルに歴史あるストリートの雰囲気を感じられるブランドになるので気になった方は、ぜひ購入してみてください。

この他おすすめのストリートブランドの紹介は、こちら

ストリートファッションに合わせたいパンツの紹介は、こちら

ブランドカテゴリの最新記事