おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

ユニクロユーのオープンカラーシャツはワンサイズ上がおすすめ!買ってみた感想!【 Uniqlo U】

ユニクロユーのオープンカラーシャツはワンサイズ上がおすすめ!買ってみた感想!【 Uniqlo U】

ユニクロUの2018SSのオープンカラーシャツがとても良かったので今回紹介します!

このオープンカラーシャツは、ユニクロのPRで川上洋平さんも着用していたモデルになります。詳しくは、こちらから見れます→[ALEXANDROS]川上洋平が着る UNIQLO JEANS

いつものユニクロとサイズ感は同じ?
質感や生地の厚さってどのくらい?
買って損しない?

このような疑問に答えていきます。

オープンカラーシャツとは?

まずは、オープンカラーシャツの意味から紹介していきます。

オープンカラーシャツについてご存知の方は、飛ばして読んでもらって大丈夫です。

オープンカラーシャツとは、襟を開いた状態で着ることを前提で作られたシャツです。

日本語に直訳すると開襟シャツとなります。

アロハシャツなどによく使われるデザインで、クールビズにも好まれるシャツになっています。

オープンカラーシャツは、2017年の春夏からメンズのトレンドで今もトレンドが継続中です。

ユニクロUのオープンカラーシャツ

ユニクロUのオープンカラーシャツは、去年も出していてかなり好評でした。
今年のオープンカラーシャツはどうなのかみていきましょう。

生地感は?

2017年のオープンカラーシャツは生地にリヨセルという艶のある素材が使われてたのですが、今回は、コットン50%レーヨン50%となっています。

去年の生地との違いはこちら

  生地の厚さ 艶感 シワの出来やすさ
今年 薄い あまりない 出来やすい
去年 厚い ある 出来にくい

これだけ見ると今年の生地は、去年の生地より悪く見えますが、生地の系統が違うので一概に比べることは、できないと思います。

去年は、光沢のある生地を厚めで使うことで大人っぽい印象を出していました。

今年のシャツは、トレンドがリラックスな雰囲気になっている流れを受けて、去年よりも柔らかい生地を使うことで光沢がありつつもリラックスしているシャツをイメージされて作られていると考えられます。

なので目指している方向が違うの生地の厚さや艶感だけでは、良さは比べられないと思っています。

しかし、1つ気になる点を挙げると圧倒的にシワが出来やすいという点です。

このようなリラックス感の強いデザインのシャツにシワが付いてしまうとだらしない印象が強くなってしまうので注意が必要です。

生地は、薄くなりましたが、襟の部分はしっかりしているので安っぽく見える心配はないので安心してください。

シルエットは?

シルエットはかなりゆったり目に作られていて去年より着丈と袖丈が1㎝長くなっています。

しかし、着丈にスリットが入っているので着た時に軽い印象を与えてくれるので、そこまで着丈が長いことを気にすることは、ないと思います。

袖丈が長いのでかなり今年らしいシルエットになっています。かと言ってオーバーサイズ過ぎないので使いやすいシルエットです。

去年より生地が薄くなったため、生地がドレープするようにできています。

服に動きが出る作りなので服の動きが好きな人には、堪らないシルエットになっています。

サイズ感は?

サイズ感は、ユニクロの通常ラインより約ワンサイズほど大きく作られていると思います。

肩幅が大きく、身幅は通常より気持ち大きいシルエットです。

トレンドを意識して着るなら思い切ってジャストサイズからワンサイズアップして着るとトレンドライクな着こなしができると思います。

袖が肘に少しかかるくらいのサイズ感だとかなり今年らしいですね。

なので私181㎝は、普段Lサイズがジャストサイズなのですが、XLを購入しました。

欠点は?

ユニクロのデザイナーコラボでは、よくある装飾品が安っぽいがこのシャツにも残念ながら当てはまってしまいます。

このシャツもボタンがプラスチックなので安っぽく見えてしまいます。

他の部分は約3000円とは、思えない品質なのですがボタンは、値段相応といった感じです。

まとめ

約3000円とは、思えないシルエットに生地感の素晴らしいシャツなので1枚買っておくと夏に重宝すると思うのでぜひこの機会に手に入れてください。

ユニクロUは、毎回期待以上をアイテムを出してくるので侮れないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

夏におすすめの記事はこちら

ユニクロのパックTシャツは乳首が透ける?

 

ブランドカテゴリの最新記事