おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

カーディガンに使われる素材って何があるの?ウールやアクリル、コットン、リネンの違いや特徴を紹介します!

カーディガンに使われる素材って何があるの?ウールやアクリル、コットン、リネンの違いや特徴を紹介します!

春や季節の変わり目に重宝するカーディガン
しかし、カーディガンって色々な種類がありますよね、コットンカーディガン、ウールカーディガン、リネンカーディガン、色々あると思います。
今回はカーディガンに使われる、様々な素材の特徴をまとめてみました。カーディガンを選ぶ際の参考にしてみてください。

カーディガンの素材

ウール

ウールは、一般的に羊から取れる天然繊維を指します。

ウールカーディガンと書かれていてもブランドにより、ウール100%なのか、ウールに化学繊維が入った物を指すのか変わってくるので品質表示を確認してみてください。
基本的にウール100%の物を選ぶことをお勧めします。例外としてシルクが混ざっている物は光沢が出て、質感がいいので選択肢に入れることをお勧めします。

特徴

  • 保温性が高い
  • 吸湿性が高く蒸れたりせず、汗をすぐ発散させる
  • 抗菌や消臭効果を期待できる
  • 静電気が起きにくい

ウールのカーディガンは暖かく、通気性が多い物が多いため、少し肌寒い季節にもってこいです。薄手のウールの物を選ぶとかなり長い季節着ることができます。
しかし、ウール100%のカーディガンは化学繊維が混ざった物やアクリルなどのカーディガンより値段が高いのでお財布と相談ですね。

アクリル

アクリルは、柔らかい化学繊維で。最近のアクリルの質は高い物が多く、アクリルを使ったカーディガンでの触り心地は、ウールとの違いが分からない物も多いです。

特徴

  • ウールより安い
  • ウールと同じくらい保温性を持っている
  • 手入れが簡単
  • ウールより耐久性が高い

アクリルを使ったカーディガンは、ウールより価額が安く、ウールと同じくらい保温性を持っているため寒い時期から使える安いカーディガンが欲しい方にお勧めです
しかし毛玉ができやすかったり、静電気が起きやすいので注意が必要ですね。

コットン

コットンは綿から作られた天然繊維です。

特徴

  • 着心地が軽い
  • 肌に優しく、肌が弱い方でもチクチクしない
  • ウール、アクリルほどではないが保温性もある

コットンを使ったカーディガンは、多くのシーズン活躍できるので一つ持っていて損はないと思います。春先は、少し暖かくなってきたら、夏には、冷房対策として、少し涼しくなってきた秋と3シーズン着ることができます。

リネン

麻からできた服地です。リネンは使われる糸の太さによって分けられていて、細い順にシャーリネン、ビソリネン、クラッシュリネンと分かれています。

特徴

  • 汗を吸収しすぐ発散するので爽やか
  • 張りがあって、身体にまとわりつかない
  • 風通しがよく蒸れない

リネンはとても涼しく暖かい季節にピッタリの服地です。夏にはもってこいですが、ほかの素材と比べて着れる時期が少ないのが気になる点です。

まとめ

いかがだったでしょうかカーディガンは、さまざまな素材を使った物があると分かっていただけたと思います。
素材の特徴などって知っているようで知らない物って結構ありますよね。

それぞれの特徴を理解して自分の用途にあったカーディガンを見つけてください!

カーディガンとコーコーディガンの違いはこちらをチェック

 

ファッション用語カテゴリの最新記事