おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

コーディガンとは?カーディガンとの違いは?そんな疑問を解決します。

コーディガンとは?カーディガンとの違いは?そんな疑問を解決します。

春や季節の変わり目まだ少し寒いけどコートを着るには暑いそんな日に大活躍のコーディガン、しかしコーディガンってカーディガンと何が違うの?そんな疑問を解決します。

簡単に説明するとカーディガンとコーディガンの違いは着丈の長さそして生地の厚さが違い、カーディガンより着丈が長く生地が厚いのがコーディガンです。
では詳しく見ていきましょう。

Advertisement

カーディガンとコーディガンの違いは?

まずカーディガンの説明からです

カーディガンは前開き式のトップスで、毛糸などで作られたニットジャケットのことを指します。しかし、お店などでは、コットンで作られた物もカーディガンと呼ばれている物も多いです。

次はコーディガンです。

コートとカーディガンを合わせた物でコートとカーディガンの中間的な要素を持っていて、まさにふたつのアイテムのいいとこどりしたようなアイテムです。
丈が長くコートよりも生地が薄い物が多いです。ボタンがついていない物が多くコートより生地が薄いためさらっと羽織ることができます。

カーディガンとコーディガンの違い

大きな違いは着丈の違い、生地の厚さの違いです。冒頭でも述べたよに、カーディガンよりも生地が厚く丈が長い物がコーディガンと考えればオッケーです。
またコーディガンは、カーディガンのようにニットに限定されず他の素材で作られた物も指していることが多いです。しかし、ここら辺は結構曖昧なところが多いと思います。

おすすめコーディガン

コーディガンは、カーディガンのようにさらっと羽織ることができて、大変便利です。コーディガンには、リネンで作られている物から、ウールで作られた物またフードがついた物まで幅広くあります。
そこで今回はおすすめのコーディガンを紹介します!

SENSE OF PLACE /コットンリネンのコーディガンです。

出典:ZOZOTOWN

まずはこちら少し暖かくなって季節にぴったりなコットンリネン生地のコーディガンです。リネン生地は風通しがよく、汗をすぐ吸収、発散するため少し暑くなっても心地よく着ることができます。またこちらはコットンも入っているため、保温性も高くなっています。

Revo/ショールカラー コーディガン

出典:ZOZOTOWN

こちらはチェック柄のコーディガンです。チェック柄のコーディガンはストーリートな着こなしができるため、コーディガンの落ち着いた雰囲気があんまり好きじゃないけど、着てみたいなんて方にもってこいなカーディガンです。

GGD / 国産フードコーディガン

出典:ZOZOTOWN

こちらはフードが付いていることでフードなしのカーディガンよりカジュアルな印象を与えることができます。こちらは裏地が起毛しており、フリースになっているため少し肌寒い時期から着ることができます。

UNITED TOKYO/ライトミラノリブコーディガン

出典:ZOZOTOWN

ミラノリブで編まれたニットに似た雰囲気を持ったコーディガンです。コットンやリネンのコーディガンと違う表情を楽しむことができます。コットンやリネンより暖かいため肌寒い季節から着ることができます。

またこちらはマスター(ポリエステル)を使っておりとても軽い着心地を持っています。

通常のポリエステルに比べ30%軽い、十字断面繊維であるスペースマスター(ポリエステル)を使用することで目詰め感のある編地ながら、軽い着心地に仕上げました。

出典:ZOZOTOWN

まとめ

いかがでしたか、コーディガンとカーディガンの違いや、コーディガンについて分かってもらえたと思います。
春はさらっとコーディガンを羽織って出掛けてみてください。

コーディガンが気になった方はこちらも見ています→カーディガンの素材ってどんな物があるの?

ファッション用語カテゴリの最新記事