おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

ドメスティックブランドとは?意味を解説!

ドメスティックブランドとは?意味を解説!
 

ファッション雑誌を見てる時やセレクトショップに行くと聞くことがある、「ドメスティックブランド」今回は、そんなドメスティックブランドの意味について分かりやすく解説していきます。

またセレオリと呼ばれている物やファストファッションとは、何が違うのかといったセレオリ、ファストファッションとの違いも詳しく紹介していきます。合わせてドメスティックブランドの特徴についても解説します。

結論から紹介するとドメスティックブランドとは、「国内のブランド」の意味になり日本で生まれたブランドのことを指し、日本人デザイナーが作ったブランドの事をドメスティックブランドと言います




ドメスティックブランドとは?

ドメスティックブランドの「ドメスティック」は、英語で「domestic」と表し「家庭内の、国内的、国内の」意味を持ちます。

つまり「国内のブランド」の意味になり日本で生まれたブランドのことを指し、日本人デザイナーが作ったブランドの事をドメスティックブランドと言います。主に東京コレクションなどのファッションショーに出展しているデザイナーズブランドを指すことが多いです。

 

車のメーカーで例えるなら、トヨタ、日産、マツダといった日本のメーカーに当たります。
また、ドメブラやドメスと省略されることもあります。

ドメスティックブランドとセレオリやファストファッションとの違い

同じくネットでよく聞くセレオリやファストファッションとは、何が違うの簡単に説明します。

セレオリとは、セレクトショップオリジナル

セレオリとは、セレクトショップオリジナルのブランドを指すのでデザイナーが誰と決まっていません。例えば、BEMSやHAREなどのセレクトショップの名前がブランドの名前になっていることが多いです。

ファストファッションとは、ファストフードのような物

ファストファッションはファストフードをなぞって付けられた名前でファストフードが「安く、早く」なのに対してファストファッションは、「トレンドを早く、安く大量」にです。

なのでファストファッションは、トレンドのアイテム早く大量に作ることで、商品コストを省き安く商品をお客さんに提供しています。H&Mなどは、分かりやすい例でトレンドの商品を早く作り安く売り切り、また新しいトレンドの服を作って売るといったスタイルを取っていることが多いです。

詳しいセレオリやファストファッションの紹介はこちらをどうぞ

 

この二つとドメスティックブランドはまったっく違う物だと分かっていただけると思います。

ドメスティックブランドと2つの大きな違いは、セレオリやファストファッションは、多くの人に手に取ってもらえるデザインの商品を多く出すのに対し、全てのブランドに対して言える訳では、ないですが個人の感覚ですがドメスティックブランドとは、デザイナーの考えるコンセプトに合った服を少ない数作るといったように、誰もが着る服では、なく気に入った人だけがお金をかけて買うような服を作っている場合が多いです。

そのためドメスティックブランドは、特徴的な服や個性的な服が比較的多いです。

ドメスティックブランドにはどんなブランドがあるの?

 

Yohji Yamamoto SS18 show Photo by Monica Feudi #YohjiYamamoto #SS18 #PFW

Yohji Yamamotoさん(@yohjiyamamotoofficial)がシェアした投稿 –

日常でよく聞くドメスティックブランドは、「Yohji Yamamoto」「UNDERCOVER」「ISSEY MIYAKE」「AKM」「LOUNGE LIZARD」「COMME des GARÇONS」などがあると思います。どれも世界でも人気のブランドになります。

気になる方は、FASHION PRESSさんで一覧を見ることができるのでぜひ見てみてください。リンクは、こちら→FASHIONPRESS

ドメスティックブランドのおすすめストリートブランドの紹介はこちらをどうぞ

ドメスティックブランドの特徴

 

ドメスティックブランドの特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

  • 国内のブランドなので日本人体型に合っていることが多い
  • ブランドコンセプトを持っている

以上2つがわかりやすい特徴だと思います。では、細かく紹介していきます。

ドメスティックブランドは、日本人体型に合っていて着やすい

国内のブランドであることから、多くのブランドが日本人の体型に合うようなデザインをしていることが多くインポートブランド(海外のブランドのことです)のように、サイズが大きすぎてブカブカといったことが起こりにくいです。

今は、ビックサイズが流行っているので特に気にしない方も多いかもしれませんが、ジャストサイズで服を着たいと思った時には、ドメスティックブランドのことも思い出して見てください。

ブランドコンセプトや特徴を持っているため見ていて面白い

ドメスティックブランドは、それぞれブランドコンセプトを持っています。また毎シーズン「ルック」と言われる商品を紹介するカタログのような物をアップします。シーズンについての紹介は、こちらで紹介しています。

このルックも毎シーズンコンセプトを持って作られており、見ているだけで楽しいです。

例えばファクトタム2018AWでは、アメリカの小説「幽霊たち」からインスピレーションを受けたルックを展開しており、1950年代のアメリカの雰囲気を味わうことができます。

ファクトタム2018AWのルックから1枚紹介。

出典:写真13/27|ファクトタム(FACTOTUM) 2018-19年秋冬 メンズ コレクション – ファッションプレス

有名ドメスティックブランドのブランドコンセプトを紹介

例えばYohji Yamamotoであれば「社会の規範に縛られることなく自由な精神を持つ”何者だかわからない“男たち」です。

またISSEY MIYAKEであれば「一枚の布」という考えのもとで一枚の布を身にまとうような服を作っています。
このように様々なコンセプトがあるので自分のお気に入りのブランドを見つけてみると面白いと思います。

ブランドは得意とするシルエットやスタイルを持っている。

LOUNGE LIZARDであれば細身のシルエットでテーラードスタイルが得意なブランドです。
UNDERCOVERは、オバーサイズよりのシルエットでストリートとモードの中間という独特なスタイルを得意としています。
様々なブランドがあるので、自分の普段のファッションスタイルに合ったブランドがきっと見つかると思います。

素材に力を入れているブランドも多い。

URUとゆうブランドはキュプラ素材を得意としており、シャツやジャケットでは珍しい100%キュプラを使ったキュプラシャツ、キュプラシャツジャケットを作っておりキュプラ独特な光沢や、落ち感をシャツやジャケットで楽しむことができます。

最近話題のAURALEEとゆうブランドはデザイナーが世界中から選び抜いた生地、素材を使っておりとても着心地のいい服を楽しむことができます。特にSTANDUPTEEが有名で名の通りTシャツが立つほどしっかりしたAURALEE特製の生地を使用したTシャツです。

まとめ

  1. ドメスティックブランドとは、日本のデザイナーズブランド。
  2. それぞれブランドコンセプトを持っている。
  3. ブランドが得意とする、シルエット、スタイル、素材を持っている。

この3点を押さえておけば、ドメスティックブランドのことを大まかに理解できると思います。

ドメスティックブランドについて詳しくなったこれを機に、ぜひ自分のお気に入りのブランドを見つけてみてください。

きっとファションが今まで以上に楽しくなること間違いなしです!

初心者におすすめなドメスティックブランドはこちらをチェック→初心者におすすめなドメスティックブランド4選

おすすめ通販はこちらをチェック→ドメスティックブランドが買える!おすすめ通販を紹介!

ファッション用語カテゴリの最新記事