おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

【夏を快適】ショートパンツ嫌いにおすすめな夏でも涼しいパンツの選び方

【夏を快適】ショートパンツ嫌いにおすすめな夏でも涼しいパンツの選び方
 

皆さんショートパンツは好きですか?

私は、あまり好きでは、ありません夏でも長ズボンばかり履いています。

そこで今回は、夏でも快適に履くことができる長ズボンの選び方調べてみたので紹介します。

結論から述べると麻など涼しい素材でできたものや、鹿の子編みといった涼しい編み方のパンツを選ぶのがベストです。
またLevi’sなどから出ているクールジーンズを買うなどの選択肢があります。

この他ワイドパンツなどのシルエットで選ぶ方法もあります。

暑いけどショートパンツは履きたくない
涼しいパンツってどんなのがあるの?
涼しくてもおしゃれなパンツを知りたい

今回は、こんな疑問に答えていこうと思います。

夏でも涼しいパンツを選ぶポイント

夏でも涼しいパンツを選ぶ際のポイントは大きく分けて2つあります。

素材や生地で選ぶ

素材や生地で選ぶ方法です。

では詳しく見ていきましょう。まずは素材からです。

麻は涼しい素材として有名です。

涼しい理由は麻の特徴にあります。
麻の特徴は以下の通りです。

  • 吸水、吸湿性が高い
  • 通気性が良い
  • シャリ感があり肌触りが冷たい

このように通気性がよく質感が冷たいことが麻が涼しい主な理由です。そして麻は、汗ばんだ肌に張り付かないのが嬉しいですね。

しかし、麻にも1つデメリットがあります。

麻は、質感がゴワゴワしているので麻のパンツを選ぶ際は100%の物でなくレーヨンや綿が入った物を選ぶようにしましょう。

また麻は、リネンと呼ばれたりもします。実際には、麻とリネンは同じ物を指しています。

麻は、総称で麻というジャンルの中にリネンを初めとして沢山の素材があります。

おすすめアイテム

麻のパンツを選ぶ際は、スラックスタイプの物を選ぶと着こなしが簡単にできる上に、涼しく履くことができるでしょう。

一方ワイドパンツタイプの物などは、レーディスのイメージが強くなってしまうため着こなしが難しくなってしまうと思います。

こちらはナノユニバースのリネンパンツになりますが、麻50%ウール50%でできており天然繊維のクール素材といった感じで涼しさ満点です。

シルエットもベーシックなテーパードパンツなのでとても使いやすいと思います。

さらにアンクルカットであるため、くるぶしが出て涼しさをあと押しさせています。

この他にも沢山麻のパンツは、あるので探してみてください。

posted with カエレバ

鹿の子編み

凹凸がある布で手触りと肌触りがいいのが特徴な生地です。

詳しい解説はこちら

鹿の子編みは、かなり通気性が良いので涼しいです。ポロシャツに使われている編み方なので涼しいのも納得ですね。

デメリットとして種類が少ないのが難点です。

1つ参考にこちらのアバハウスのパンツを紹介します。

鹿の子編みのアイテムもスラックスタイプの物が履きやすくいいと思います。

自分も探しているのですが鹿の子編みのアイテムはなかなか見つからないですね。

クール素材やクール仕様のアイテム

化学の力を使ったクール素材アイテムなど夏仕様のパンツを履くのも1つの手です。

クール素材の物であればジーンズでも夏に涼しく履くことができます。

私は、ボブソンのクールジーンズを持っていますが

生地は少し柔らかいですが、見た目は普通のジーンズと変わらないので普通のジーンズと同じ様に履くことができます。

そして、なんといっても履いた瞬間にひんやり冷たいので夏に履きたくなりますね。

このようにクール素材の物はかなり履きやすく涼しいのでおすすめです。

化学の力の凄さを感じることができます(笑)

私は、このLevi’sのクールジーンズを買おうかなとひそかに狙っております。

クールジーンズは、1本持っておいて損は、ないと思うので気になった方は、ぜひ買ってみてください。

シルエットで選ぶ

素材や生地で選ぶ他シルエットで選ぶ方法があります。

ワイドやルーズのシルエットのパンツであれば夏も涼しく履くことができます。

ワイドパンツは、暑い日に1番気になるであろう汗によるパンツの肌への張り付きがないのでかなり快適です。

特にガウチョパンツは、かなりゆったりしているため風通しがいいため夏に持ってこいなアイテムですね。

しかしガウチョパンツは着こなしが難しいので着回しという面で見るならば通常のワイドパンツの方がいいと思います。

まだワイドパンツを履いたことがないという人はこの機会にデビューしてみては、いかがでしょうか。

まとめ

以上夏に最適なパンツの選び方でした。

ショーツが嫌いな方は是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

夏に着たいギンガナムチェックはこちらをチェック

 

ブランドカテゴリの最新記事