おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

URUとは?シルエットや色が堪らないおすすめブランドURUを紹介!

URUとは?シルエットや色が堪らないおすすめブランドURUを紹介!
 

今回は、ドメスティックブランドであるURUを紹介していきます。

URUとは?

 

URU TOKYOさん(@urutokyo)がシェアした投稿

漆山政春さんによって2015年AWにスタートしたブランドです。スタート時は、「AMAZE」という名前でしたが2011年にURUに改名されました。

漆山政春は、パタンナーで様々なブランドで活躍していました。

有名ブランドであるギャルソンでも活躍していました。

パタンナーとして多くのブランドに所属していたことからもとても技術が高く、その技術力の高さからURUにしかだせない、独創的でありながら使いやすいとてもバランスのいいアイテムがURUの特徴です。

ブランドコンセプトは、「想像力と技術力の加速(Accelerate creativity accelerate imagination)」でまさに技術力そして高い想像力でそのコンセプトを表現できているといえるでしょう。

デザインの特徴は?

古着などからインスピレーションを受けコンセプトにもあるように、原型を想像力と技術力で新たに再構築しているデザインが特徴です。

例えばURUのショーツは、古着ミリタリーショーツをより履き心地良い物にしたいという思いから作られていたり、裁断シャツは、古着の大きなデニムシャツをリメイクするといった考えから作られていたりします。

 

URU TOKYOさん(@urutokyo)がシェアした投稿

シルエットは全体的にゆったりしていて、くすんだような綺麗な色が特徴です。

落ち着いていながらも、どこかモードな雰囲気を感じることができるデザインが多いと思っています。

定番アイテム

ショート丈のアウター

URUといったらショート丈のアウターというくらいの定番アイテムです。

ショート丈でありながらもビックシルエットなシャツはとても独特なシルエットを演出しています。

 

URU TOKYOさん(@urutokyo)がシェアした投稿

特徴のところで紹介したこの古着からインスピレーションを受けたデニムシャツもショート丈のアイテムです。

この他にも様々なタイプのショート丈のアウターがあります。

キュプラシリーズ

ショート丈のアウターの他にURUは、キュプラ素材のアイテムを得意としており定番アイテムとして毎シーズン出しています。

出典:FASHIONPRESS

キュプラは、独特な艶感やドレープ感があります。キュプラは涼しく着ることができるので夏でも手軽に着ることができます。

キュプラシリーズは、シャツから他のブランドでは、珍しいアノラックパーカーなどアイテムの幅が広いです。

夏は、アイテム数が限られてくるので他人と被りがちですが、キュプラのアイテムを使えば素材で差をつけることができるのでおすすめです。

アイテム紹介

ここでは、私が購入したURUのアイテムを紹介します。

17AWキュプラシャツ

長袖のキュプラシャツです。

黒のシャツは、見方によってはお兄様系の服に見えかねませんが、URUのキュプラシャツは、黒シャツでありながら上品な印象を感じることができます。

このシャツの特徴は、写真では、見えにくいですが大きなポケットが付いてることが一つそしてキュプラ独特のシワがあることです。

特にこのシワがたまらないです。
シワがあることで決めすぎた印象を崩してくれます。

そして、歩くたびにドレープして服に動きが出るのがとても好きな所です。

しかし、このシャツに欠点があります。

このシャツに限ったことではないのですがキュプラは、洗濯できないので汚れてしまうとクリーニングに出すしかなくなるので、普段から気を遣って着なければいけないので気軽に着れないのが残念な点です。

まとめ

URUは、ゆったりしたシルエットでありながらも洗練されたデザインをしているので、かなり使いやすいアイテムが多いのです。

一度手に取ると良さがわかると思うのでぜひ手に取ってみることをお勧めします。

楽天市場でURUの古着を探す

ルックはこちらから見れます→FASHION PRESS

おすすめのドメスティックブランドはこちら
SHAREEF(シャリーフ)とは?歴史やアイテムを紹介!

菅田将暉さんも着用していた!NEONSIGN(ネオンサイン)を紹介!

ブランドカテゴリの最新記事