おすすめメンズファッションランキングはこちらをチェック

お手軽にできるドクターマーチンのケア方法を紹介

お手軽にできるドクターマーチンのケア方法を紹介

ドクターマーチンを持っている人「ドクターマーチンのケアってどうしたらいいのだろう?ドクターマーチンって手入れした方がいいの?やり方は?」

今回は、こんな疑問に答えます。

ドクターマーチンを買って手入れは、した方がいいのかな?そんな悩みを持っている人は、結構多いと思います。そこで今回は、簡単にケアができる方法を紹介していきます。

しかし、ドクターマーチンは、元々を辿ると労働者のために生まれた靴だから手入れしない方がかっこいいという意見も聞きますが、革靴なので長く履きたい考えている場合は、最低限ケアした方がいいという考えが私の意見です。

簡単に手順をまとめると以下の通りです。

  1. 靴紐を外して準備
  2. ブラッシング
  3. シュークリーナーでキレイに
  4. 革クリームを塗って革にエネルギー補給
  5. 革クリームを全体に伸ばして
  6. 最後余分な革クリームを拭き取る

では、早速やり方を紹介していきます。

準備する物は5つ

準備するものは、こちらの写真に写っている物達です。

詳細は、こちら左から紹介しています。

  • シュークリーナー
  • 馬毛ブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • 化繊ブラシ
  • シュークリーム

最低限こちらの5種類があると大変楽にケアすることができるでしょう。

シュークリーナー以外の道具は、こちらの靴磨きセットを購入して全て揃えました。

靴磨きセット コロンブス ブートブラック x 銀座大賀靴工房 スターターセット シューケアセット【あす楽】

created by Rinker

シュークリーナーはこちらの商品を使ってますが、自分がいつも使っている物で問題ないです。

まずは、汚れを落とそう

汚れが付いたままシュークリームを使っても意味がないので、まずマーチンについた汚れを落としてキレイにしましょう。

汚れを落とす際に使うのは、馬毛ブラシとシュークリーナーです。

毎日でもやりたいブラッシングでホコリを落とそう

まずは、前準備として靴紐を外しましょう。その後、全体にブラッシングしていきます。

 

ブラッシングには、馬毛ブラシを使っていきます。

馬毛ブラシを使ってホコリを落とします。やり方は、全体にブラシを掛けていく感じで、大雑把にやっていただく感じで大丈夫です。

簡単にできるので毎回履いた後にやってあげてください。そうすると革が長持ちします。

またドクターマーチンの場合ステッチの部分にホコリ溜まりやすいので、重点的にやることをおすすめします。

「馬毛ブラシを持っていないから他のブラシでもいいの?」と思う方がいるかもしれませんが、この工程は、馬毛ブラシを使うことをおすすめします。馬毛ブラシは、毛先が長く柔らかいので、ホコリや土などの汚れを落とすのに最適です。そして最も重要な理由として柔らかいので革を傷つけにくいです。

毎日使えるものですので1つ持っておくことをおすすめします。

シュークリーナーでドクターマーチンを綺麗に

シュークリーナーを使って全体を綺麗にします。

この工程は、自分が持っているシュークリーナーで適当に洗ってあげてください。

私おすすめの簡単に綺麗にすることができる。Mr.Blackの紹介は、こちらを参考にどうぞ。

使い方なども紹介してるので参考にしてみてください。革製品のアイテムも気にすることなく、使えるので大変おすすめです。

クリームを塗ってケア開始

ここからは、クリームを塗ったケアを紹介していきます。

汚れを落とす作業が終わったら革にクリームを塗ってケアします。

大変そうに感じますが慣れてしまえば5分から10分程度で、できるので簡単です。

まずは、ペネトレイトブラシを使って塗り込もう

 

ペネトレイトブラシ

まずは、ペネトレイトブラシにシュークリームを米粒ほど取り革靴に付けていきます。革靴片足にこの動作を三回米粒3つ分のシュークリームを使います。

では、とったシュークリームをトゥ、サイド、逆サイドと三箇所に塗ります。これでちょうど米粒3つ分です。

トゥにこのような感じで米粒の大きさのクリームを3箇所につけます。

シュークリームを付けたドクターマーチン

 

サイドは、こんな感じで両サイドに付けます。

 

軽くクリームを付けた後は、次のように靴に塗り込みましょう。

ペネトレイトブラシの重要性

シュークリームを塗る際に布で塗る方がいますが、布を使うよりペネレイトブラシを使うことを私はおすすめします。

理由として効率もよく、クリームをよく伸ばすことができます。

ペネトレイトブラシの良い点

  • 手が汚れない
  • よく伸ばすことができ、革への染み込みがはやい
  • クリームを取りやすい

手を汚さずに塗ることができることが最も大きなメリットだと感じます。シュークリームが手につくと中々落ちませんからね。ペネトレイトブラシであれば、米粒台のシュークリームを簡単に取ることができるのも嬉しいですね。

安いのでぜひ手に入れてみてください。

化繊ブラシで全体にクリームを馴染ませる

ここは、化繊ブラシでも豚毛ブラシなどコシの強いブラシを使用します。化繊か豚毛どちらを使って頂いても構いません。

しかし、大きめなブラシのほうがやりやすいので大きめのブラシを買うことをおすすめします。

 

最初のホコリを落とすために行ったブラッシングと同じ要領で革靴全体をブラッシングしていきます。この作業は、力を入れておこなってしまっても大丈夫です。

これは、革にクリームを馴染ませるためそして、革をマッサージする効果があるようです。

全体にクリームが伸びて馴染んてきたと思ったらやめます。

個人的な意見ですがやっていてこの作業が1番楽しいですね笑

余分なシュークリームを布で拭き取る

余分に余ったシュークリームを布で拭き取ってあげましょう。布は、靴磨き用の物を使ってもいいですがない場合は、コットン100%のTシャツなどを使っても大丈夫です。

ここでしっかりクリームを取っておかないと革に悪影響、パンツの裾を汚してしまうなどの悪影響が出ます。

余分なクリームが布に付かなくなるまでしっかり拭き取りましょう。

これで作業は、終了です。

まとめ

以上がドクターマーチンのケア方法になります。

簡単に手順をまとめると

  1. まずは、汚れを落とす
  2. シュークリームをペネトレイトブラシで塗る
  3. コシのあるブラシでクリーム全体に馴染ませる
  4. 余分なクリームを拭き取る

以上が主な手順です。このあとに防水スプレーをしてもいいですね。防水スプレーの紹介は、こちらをどうぞ

 

以上でドクターマーチンのケア方法について紹介は、終了です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドクターマーチンについての情報は、こちらも合わせてどうぞ

 

ブランドカテゴリの最新記事