服を高く売って新しい服を買おうおすすめ古着買取サイトランキングはこちら

MAKAVELIC(マキャベリック)のバックはダサい?ダサいのか私なりに考察

MAKAVELIC(マキャベリック)のバックはダサい?ダサいのか私なりに考察
 

MAKAVELIC(マキャベリック)のDOUBLE BELT ZONE MIX(ダブルベルトゾーンミックス)を使って1年たったので使って感じた感想や機能を評価していきたいと思います。

今まで使っていたバックの収納力に物足りなく感じ新しいバックを探していました。

アウトドア用のリュックは、収納力は優れているけれどデザインがな~と思っていた時に、このバックを見つけデザインに一目ぼれして買ったのがこちらのバックになります。

まずは、結論から述べると容量が20Lと多い上にデザインもかっこいいとかなり便利なバックで本当に買って良かったと思っています。1泊2日の旅行に荷物ならすんなり入れることができます。

通常このくらいの収納力のバックは、2万~3万ほどする物が多いですがマキャベリックは、1万7千円とコスパが高いのも魅力です

しかしグーグルで検索する際にマキャベリックと入力すると「マキャベリック ダサい」と検索欄に出たりするのでマキャベリックってダサいの?と不安になった人も多いと思います。そこで実際にマキャベリックを使っている私が本当にダサいのか考察していこうと思います。

結論から言えばマキャベリック自体はダサくないです。使っていても周りからダサいなど言われたことは、無いので心配な方は、安心して使って頂けると思います。

MAKAVELIC(マキャベリック)とは?

MAKAVELICは、2013年に東京で生まれたバックブランドです。

人生の波長に惹かれ進む道にあるパートナーとしてのバックを提案するがコンセプトで、ファション、ストリート、スポーツの要素を取り入れたデザインが魅力です。

見た目が今までのバックには、ないほどスマートでファション性が高いのが特徴です。

素材にもこだわっておりボデイには、テフロン加工されたコーデュラ(CORDURA)を使っていたり、細かい装飾もイタリア製のネメ革を使っていたり抜かりがありません。

そして余計なデザインがなく洗練されているので、ビジネスでもカジュアルでも活躍するバックが多いです。

MAKAVELIC(マキャベリック)のバックは、芸能人も愛用

ワンオクロックのボーカルTAKAさんがこちらのモデルを使用していたり

山田孝之もマキャベリックのバックを使用していたり多くの芸能人も使用しています

素敵なバッグを頂いた

山田孝之 [official]さんの投稿 2015年8月24日月曜日

MAKAVELIC(マキャベリック)はダサい?

マキャベリックのバックは、果たして本当にダサいのか私なりに考察していこうと思います。

マキャベリックがダサいと言われている大きな理由は、マキャベリックが人気になった理由にあると私は考えます。

マキャベリックが人気になった理由の1つにWEARやインスタグラムを中心に人気が出たという背景があります。その後大物ファッション系ユーチューバーが紹介したこともあって更に人気が出て行きました。

そこでWEARでの人気がとても高く「黒バックと言ったらマキャベリック」といった感じでテンプレ化がなされ、多くの人がマキャベリックを使ったコーデを載せていき、量産型ファッションに使われるアイテムというイメージがついてしまったということです。

 

以上のことから量産型ファッションを嫌う人からダサいと言われているため、マキャベリックにダサいというイメージがついてしまったことです。マキャベリックと同じく定番となったために、ダサいと言われてしまっているアイテムを紹介すると、「ドクターマーチン、ダニエルウェリントン」が挙げられと考えられます。

しかし、このような意見は、マキャベリックのデザインなどをダサいといっているわけでは、ないため。自分がかっこいいと思って使用しているのであれば、気にする必要は、ないでしょう。

結論マキャベリックは、ダサくない

マキャベリックの意見をネットで調べてみても多くのサイトなどでもおすすめされており、ダサいと言われているような意見は、みつかりませんでした。多くの場合、黒バックを使うならマキャベリックといった感じでおすすめされていたので「欲しかったけどダサいと言われているんじゃな~」と思っていた方は、思い切って買うことをおすすめします。

MAKAVELIC(マキャベリック)のバックのかっこいい所を紹介

マキャベリックのバックは、ダサくないという所が分かっていただけたと思うのでここでは、私が実際に使っていてかっこいい、便利と思った所を紹介していきます

マキャベッリクのバックを使った感想を1言で紹介すると「かっこいい」この一言に限ります、とにかくデザインがかっこいいです。

光輝くメタルバックル

MAKAVELICのDOUBLE BELT ZONE MIXのバックル写真

黒く光る金属バックルこれがたまらなくかっこいいです。

同じデザインのバックは、多くありますがこのバックルの部分がシルバーであったり、金属でなかったり安っぽい物が多いです。

しかし、マキャベリックは、しっかり金属で出来ている為安っぽさがありません。

細かい所もしっかり

細かいバックの付属にもヌメカウレザーを使っているので高級感があります。

ちょっとした部分ですが経年変化を楽しむことができるので、愛着がわきます。

その他通常見えない部分ですがバックの内側にもブランドロゴが入っていたりと細かい部分にも気が使ってあります。

かっこよさだけでなく高い機能性も合わせもつMAKAVELIC(マキャベリック)

まずバックを買うとなったら気になるのが機能性だと思います。マキャベリックはファション性だけでは、なく機能性も優れています。

ポケットを始めとし、ドリンクホルダーそして雨にも強いと普段使いには、嬉しい点が多いです。

豊富なポケット

ポケットの数が多く、細かな収納もしっかり入れることができるので大変便利です。

MAKAVELICのDOUBLE BELT ZONE MIXのポケットの写真

特に上に付いているトップポケットはアクセスしやすいので、財布や携帯を入れるのに適しています。

ジップで閉じるタイプなので、しっかり締めておけばうっかり落とすなんてことは、ないので安心です。

中に付いているPCポケットもかなり優秀です。

13inchまで入る設計になっており、クッションが付いているのでPCが壊れる心配もありません。

その他小分け用のポケットもバック内に、多数あるので小さい手帳やメモ帳が大きい書類に紛れてどこにいったか、見つからないなんてダサいことを防ぐことができ、予定を確認したいときやメモしたい時にスケジュール帳やメモ帳をスマートに取り出せます。

ドリンクホルダーが便利

MAKAVELICのDOUBLE BELT ZONE MIXのドリンクホルダー

ドリンクホルダーが付いているバックは多いですが、マキャベリックは、特徴としてベルトが付いていてしっかりホールドできる上に各サイド1つずつ、計2つ付いています。

このドリンクホルダーが本当に便利です。喉が渇いた時にすぐに取り出せるので嬉しいですね。

そして、ベルトが付いているのでベルト締めることで小さいペットボトルでも、しっかりと落ちないようにホールドすることができます。

2つ付いているドリンクホルダーは、フェスなど飲み物を多く必要とする時や、雨が降りそうな日に折り畳み傘を入れるなど、地味に活躍してくれます。

友情出演してくれた炭酸水は、サンペレグリノです。大変飲みやすい炭酸水なので1度飲んでみてください(笑)

サイドジップで荷物へのアクセスが楽

MAKAVELICDOUBLE BELT ZONE MIXのサイドポケット

荷物を突然取り出さなくては、いけない時にいちいちバックを降ろして取り出すのってめんどくさいですよね、しかしマキャベリックなら降ろさなくても大丈夫!

サイドジップが付いているおかげで、バックを背負ったままでもメインポケットにアクセスできるので荷物を取り出すことができます。

テフロン加工で雨にも強い

「急な雨で傘を持ってなくても大丈夫そうマキャベリックならね」

アップル風のキャチコピーは一旦置いておくとして、マキャベリックはテフロン加工されていて少しの雨なら弾いてくれるので、全く心配することありません。

MAKAVELIC(マキャベリック)の残念な点

マキャベッリクを使っていてこれは、残念だな~少し改善して欲しいと感じた点を紹介していきます。

メタルバックルが故の欠点

私は、めんどくさがり屋なので少しの移動の時やまた直ぐの荷物を取り出すであろう移動の際は、バックルを止めない時も多いです。

しかし、バックルを止めないで歩いているとバックルが他の部品とぶつかってしまい、歩くたびに「キンキン」と音がなってしまいます。

この音がかなりうるさいので、私の用にめんどくさがり屋の方は気を付けてください。しっかり止めている時でも、走ったりするなど、激しい動作をするとこの音がする時があります。

しかし、普段使っている分には、気にならないので安心してください。

まとめ

マキャベリックのバックは、価額以上の高級感があり、ファション性だけでなく機能も優れたリュックです。

同じデザインでもっと価額が安いリュックは、沢山ありますが、リュックは毎日使うものだと思うので少し奮発してマキャベリックを買ってみては、どうでしょう。

買って損はないです。

またブランドの知名度もまだあまり高くないので買うなら、他人と被ることが少ない今がおすすめです。

ファッションブランドに関する情報カテゴリの最新記事